家具買取の手引き

家具の買取は、家電製品などの販売年数の経過によって値段が左右されるものとは違い、値崩れしにくいといった特徴がありますが、現在の住宅事情によりあまり大きな家具の買取は難しい場合があります。
しかし購入されてから年数が経過しているものであっても、需要がある家具は保存状態が良好であったり、綺麗にご使用されていた場合は、当店ではしっかりと査定させて頂いております。

キズや汚れ、シミや凹みなど

上記の理由により、家具の買取査定を上げるポイントは、あくまで汚れやシミといった洗うことでとれるものや家具の大きさ、凹み・傷の有無に合わせて、傷のある場所によって左右されます。

また、よくあるケースとして、お子様がシールを張ってしまった場合、査定に際して無理に剥がそうとすると、うまく剥がすことができず、ベタベタになってしまい、大事な家具を余計に汚くしまうことがあります。
ドライヤーや専用の道具を用いることで綺麗に取れることもありますが、万が一のことも考え、その旨を事前にご連絡頂ければ幸いです。

商品購入時に同封・発行される付随書

ブランド品に関わらず、商品購入時に付随される保証書証明書、発行された場合はギャランティカードなどがあれば、一緒にご提示して頂くことで、さらに買取査定をアップさせて頂きます。
そのため、このような商品購入時に付随される書類などは大切に保管して頂き、査定に出される際には事前にご用意されると良いでしょう。

アンティーク家具や希少デザインの家具

たとえ傷や落とせない汚れの付いてしまった年代物の家具であっても、高価買取させて頂くものがございます。椅子や机はもちろん、今では手に入れることが難しいものや、珍しいデザインをした家具などは、高く買取させていただけるものが多数存在します。
そのため、いくら古い年代物といっても捨ててしまうのであれば、一度処分される前に見積もりだけでもご連絡いただければ、無料で対応させていただきますので、是非お気軽にご連絡下さると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする