最後の清流

最近、絵描きさんのアトリエにお邪魔する機会がありまして、

非常に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

初めて会った時から感じてはいたんですが、

彼と少しの時間を共有させてもらって改めて再確認できました。

「美しい」と。

彼の心と目は澄みきっていて、例えるならば清流。

共有させてもらった僅かな時間、僕のドブ川の様な心に爽やかな風が吹きぬけ、

少し浄化された気分になりましたね。

変わりに彼の「清流」には泥水が流れ込み川底が見えなくなってしまったでしょうが・・・。

まあ、申し訳ないことをしましたが

これからも懲りずにお付き合いしていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

-ケイ-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする